ユーグレナとは?

「ユーグレナ(和名:ミドリムシ)」は、光合成によって様々な栄養素を作りながら、水中を動き回ることもできる”植物”と”動物”の特徴を併せ持つ藻類の一種です。
「ユーグレナ」は東京大学をはじめ、多くの研究機関で研究が進められており、注目の栄養素です。
「ユーグレナ」は59種類もの栄養成分を含んでおり、その内容は下記の通りです。

スポンサーリンク

ビタミン14種類

体の調子を整えるのに欠かすことのできない栄養素。
果物や野菜類に多く存在し十分な量をとるには、食材から補う必要があります。

α-カロテン、β-カロテン、ビタミンC、ナイシン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK1、パントテン酸、ビオチン、葉酸

ミネラル9種類

不足しがちとよく言われるカルシウム、鉄、などの栄養素の代表は、主にミネラル。海藻や果実などの食材から補う必要があります。

亜鉛、カリウム、鉄、リン、カルシウム、マンガン、マグネシウム、ナトリウム、銅

必須アミノ酸18種類

カラダをつくるために必要なアミノ酸。
体内では合成できない必須アミノ酸は、卵や乳製品、豆腐、肉と言った、食材をバランスよく補うことが重要です。

バリン、アスパラギン酸、ヒスチン、ロイシン、グルタミン酸、チロシン、イソロイシン、プロリン、トリプトファン、アラニン、メチオニン、セリン、リジン、フェニルアラニン、シスチン

EPA・DHA等11種類

魚に多く含まれるEPA・DHAなどが代表として上がる不飽和脂肪酸。
サラサラ成分の強い味方。魚介類から補うことが必要です。

DHA、EPA、オレイン酸、リノール酸、リノレン酸、ミリストレイン酸、パルミトレイン酸、アラキジン酸、エイコサジエン酸、ジホモy-リノレン酸、アラキドン酸、ドコサテトラエン酸、ドコサベンタエン酸

パラミロン含む7種

パラミロンは、貯まった不要なものを吸着してくれる独自の成分で、β-グルカンによって構成される多糖類のことです。
食物繊維のように余分な油や水分を吸着する特性があります。

β-グルカン(パラロミン)、クロロフィル、ルティン、ゼアキサンチン、GABA、スペルミジン、プトレッシン

ユーグラナの消化率93.1%!!

ミドリムシは豊富な栄養素を備えているだけでなく、消化効率はなんと93.1%!その秘密は細胞壁をもたない独自の特徴にあります。
ミドリムシなら普段の食生活では十分に消化できないしょくぶつの栄養素を無駄なく効率よく吸収できます。
消化吸収力がおとろえがちな中高世代におすすめします。

ユーグレナだけが持つ食物繊維様成分”パラミロン”

“パラミロン”とは、ユーグレナだけが持つ食物繊維様成分。
健康維持やスタイルキープに高い期待が寄せられています。

スポンサーリンク

青汁の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ