コラーゲンの効果・効能

コラーゲン配合のサプリメントや化粧品は沢山ありますが、そもそも、コラーゲンとは何でしょうか?
コラーゲンを摂る事でどのような効果・効能があるのでしょうか?
コラーゲンの効果・効能等について調べてみました。

コラーゲンとは?

「コラーゲンとは、タンパク質の一種で、からだを構成する全タンパク質の約30%を占めています。体内コラーゲンのうち40%は皮膚に、20%は骨や軟骨に存在」(※1)

「コラーゲンは血管や内臓にも存在し、まさにカラダの基盤の役割を果たしている。」(※2)

「身体の皮膚や筋肉・内臓・骨・関節・目・髪等あらゆる全身の組織に含まれており、主にそれらの細胞をつなぎとめる働きをしています。」(※3)

コラーゲンの効果・効能

「体のあらゆるところに存在するコラーゲンは、若々しさを保つために重要な役割を持っていると考えられます。」(※4)

「コラーゲンには美容だけでなく体全体的健康面においても色々な効果・効能が述べられています。」(※4)

「白髪やハゲ対策などの育毛効果や骨粗鬆症や膝の痛みを取ったりする若返り効果、さらに花粉症、アトピー性皮膚炎やガンにまで効果を発揮する。」(※5)

コラーゲンペプチドとは?

「コラーゲンペプチドは、魚や牛、豚の皮に大量に含まれるコラーゲンを加水分解して、低分子化し、体内で吸収しやすくした高純度のタンパク質です。」※6

「冷却してもゼリーとならないので、飲料やスープなどに用いた場合、ゼラチンよりも大量摂取が可能です。」※6

「分子量が小さいので水によく溶け、体への吸収性も高くなっています。」※7

コラーゲンを多く含む食品(食材)

「コラーゲンは動物性タンパク質に多く含まれています。特に肉、魚介の皮や骨、内臓にはコラーゲンが豊富です。」(※8)

「動物性食品は、豚足、鶏の皮、手羽先、軟骨、牛スジ、牛テール、豚バラ肉など。」(※9)

「海洋性食品は、スッポン、フカヒレ、エイヒレ、魚の皮、うなぎ、なまこ、カレイ、エビ、くらげなど。」(※9)

[注]※1~は参照元の番号です。

健康 // 美容 // 軟骨成分 // 骨粗しょう症 // の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ