グルコサミン の効果・効能

グルコサミン含有サプリメントを目にする機会が増えていますが、そもそもグルコサミンとは何でしょうか?
グルコサミン にはどのような効果・効能があるのでしょうか?
副作用は?
グルコサミン の効果・効能等についてまとめてみました。

スポンサーリンク

グルコサミンとは?

「軟骨の中に存在し、軟骨の生成を促すと言われている成分が、グルコサミン。グルコサミンは、ブドウ糖とアミノ酸が結びついたアミノ糖という物質のひとつで、軟骨を構成するプロテオグリカンという成分の原料となっています。」(※1)

「グルコサミンは軟骨を構成する成分の一つです。」(※2)

「グルコサミンは、糖とアミノ酸が結び付いた天然の成分です。」(※4)

グルコサミン の効果・効能

「グルコサミンは、年齢とともに軟骨がすり減って起こる変形性関節症の症状の緩和や、関節の機能改善において有効である。」(※1)

「グルコサミンは新しい軟骨の生成を促進し、変形関節症の進行を食い止め、場合によって治癒に向かう効果があります。」(※2)

「グルコサミンは軟骨の摩擦を抑制する働きがあるため、関節痛変形性関節症の痛みや腫れを改善する効果が期待できます。」(※3)

「グルコサミンには、骨をつくりだす軟骨芽(なんこつが)細胞を刺激して活性化させ、軟骨の生成を促す働きがあります。」(※3)

グルコサミン とコンドロイチンとの違い

「グルコサミンは、軟骨の主成分であるプロテオグリカンを作り出し、そのプロテオグリカンの中に存在するコンドロイチンが軟骨に水分や栄養を与えています。そして、コンドロイチンが軟骨の破壊を抑制するとともに、グルコサミンが軟骨の修復や再生を促しています。」(※5)

「グルコサミンは、糖とアミノ酸が結びついたアミノ糖と呼ばれる物質のひとつです。軟骨や腱、爪、皮膚などに広く存在し、細胞や組織を結合する役割を担っています。一方、コンドロイチンは軟骨や靭帯、角膜、血管壁などに存在するムコ多糖の成分です。ムコ多糖とは、細胞と細胞の間を構成しているネバネバとした結合組織の基礎物質で、体の弾力のある場所に存在し、組織の伸縮を助けています。」(※6)

グルコサミンの副作用

グルコサミンの副作用はまったくないか、軽微である。」(※2)

「グルコサミンの摂取による重篤な副作用は、これまで報告されていません。」(※4)

[注]※1~※4は参照元の番号です。

スポンサーリンク

軟骨成分の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ