「オメガ3脂肪酸」とは?

オメガ3脂肪酸とは、アマニ油やエゴマ油、青魚に含まれており、「必須脂肪酸」と呼ばれるものに分類されます。
「オメガ3」は、細胞膜を作る原材料であり、不足すると健康に悪影響を及ぼします。しかし、体内で作れないので不足しがちです。
そこでDHA・EPA配合サプリメント等から補充する必要があります。

「オメガ3脂肪酸」とは?

オメガ3脂肪酸とは、アマニ油やエゴマ油、青魚に含まれており、「必須脂肪酸」と呼ばれるものに分類されます。

「必須脂肪酸」とは体内で作ることのできない脂肪酸であり食べ物から摂ることしかできません。

この「必須脂肪酸」は脳を作ったり細胞を正しく働かせる役割を持っています。ですから、意識して摂る必要があるのです。

「必須脂肪酸」の効果

「必須脂肪酸」は身体ののあらゆるところに影響を及ぼし、最適な健康維持に欠かせないものです。

痛みや炎症を抑制したり、適切な血圧とコレストロール濃度を維持したりと病気にならない為にはなくてはならない脂肪酸です。

また、神経組織を機能せさる力もあるため、記憶力の低下を防いだり、やる気・モチベーションの維持に欠かせないなど健康的な生活に必要不可欠な要素なのです。

脂肪酸の種類

脂肪酸はオメガ3脂肪酸を含め、3種類あります。
血液をサラサラにするオメガ3脂肪酸、血液を固める作用をするオメガ6脂肪酸、そして体に悪いトランス脂肪酸の3種類です。

◇オメガ3脂肪酸:
[作用]血液をサラサラにする
[多く含む食品]アマニ油、えごま油、青魚(サバ、マグロ、イワシ、サンマ、ブリ、ニシン)、クルミ
[摂取量]意識しないと摂れない!不足がち。

◇オメガ6脂肪酸:
[作用]血液を固める作用をする
[多く含む食品]サラダ油、ごま油、キャノーラ油、オリーブオイル
[摂取量]普段の生活で摂れてしまう、過剰摂取傾向。

◇トランス脂肪酸:
[作用]体に悪い
[多く含む食品]マーガリン、市販のクッキー、ケーキ、ショートニング
[摂取量]人工的な油で危険、体にとって不要。

現代人はオメガ3が不足がち。
厚生労働省も摂取を推奨しています。

オメガ3が不足すると?

オメガ3は単なるカロリー減ではなく細胞膜の構成要素になったり体のほとんどの機能を支配している第三のホルモンの原料になっている重要な脂肪酸です。

この第三のホルモンはきわめて重要な物質なのでオメガ3が欠乏すれば体の機能は狂い万病の原因になります。

また病んだ細胞膜にしてしまうことで皮膚・内臓・免疫機能の病気などありとあらゆる病気を誘発します。

さらには細胞が活性化できなくなると肌の新陳代謝(生まれ変わり)の周期も狂い始めます。結果として肌荒れなどの目に見える形での影響がでてしまうのです。

「オメガ3脂肪酸」の効果

「オメガ3」は、細胞膜を作る原材料です。

人の体は約60兆個の細胞で構成されており、それらの細胞はすべて「細胞膜」に包まれています。

細胞膜の状態がよければ、「免疫力が高く病気にかかりにくい状態」となり、当然、美容お面でも緒癖宇t「美しさ」に繋がっていきます。

細胞膜の状態が悪ければ、免疫システムの低下をまねき不健康・老化に繋がっていきます。

「オメガ3」の注意点

厚生労働省のオメガ3の推奨摂取量は1日約2グラム以上とされています。

しかし、日に必要とされるオメガ3をオメガ3が豊富だと言われている魚で補うとすると、マグロの刺身で18人前も必要となります。

特にオメガ3は熱に弱い為、焼き魚やフライにしてしまうとさらに沢山の量をとらなければなりません。

しかし、「オメガ3」はほとんど体内では生成されません!
一生涯、何かしらの食べ物から摂取して補う必要があります。

 

「オメガ3脂肪酸」配合サプリ

「オメガ3脂肪酸」の1日摂取量を食べ物から摂るのは中々困難です。

そこでDHA、EPA等を含むサプリメントを取得することで手軽に不足を補うことができます。

脂肪酸の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ