アミノ酸の効果・効能

アミノ酸はタンパク質の構成成分で、500種類あると言われており、様々なサプリメントに配合されています。
BCAA配合の筋肉サプリメントも目にします。
アミノ酸にはどのような効果・効能があるのでしょうか?
アミノ酸の効果・効能等について調べてみました。

スポンサーリンク

アミノ酸とは?

「アミノ酸とは、一言でいえばタンパク質を作っている最小の成分です。
地球上のあらゆる生命、植物も動物もアミノ酸が作り出すタンパク質から出来ています。」※1

「血液や内臓、筋肉など、 体のあらゆる組織を構成している」※2

アミノ酸の効果・効能

「ロイシン、イソロイシン、バリン この3つのアミノ酸は、BCAA(分岐鎖アミノ酸)と呼ばれ、スポーツ時のサプリメントとしてよく使われています。

BCAAは、筋肉組織の原料となるので、筋力アップにつながります。
また、筋肉痛のもととなる乳酸の発生を抑える作用があるので、翌日に疲れを残さない作用もあります。」※3

「筋肉内で燃料として作用するアミノ酸を摂ることによって体力の向上が可能」※4

脂肪燃焼を促すホルモンを構成するアミノ酸を多く摂ることによって脂肪燃焼を促進できる」※4

「皮膚の原料となっているアミノ酸を摂ることによって皮膚の再生を活発にする」※4

「脳の伝達物質であるアミノ酸を摂ることによって、興奮状態とリラックス状態をコントロールする」※4

「マクロファージなど免疫細胞を構成するアミノ酸を摂ることによって免疫力を向上させる」※4

「アミノ酸は、髪や肌を美しくすこやかにするだけでなく、体脂肪や中性脂肪を落とす、慢性疲労を軽減させる、甲状腺の機能を整える、女性ホルモンバランスを整える(更年期症状の緩和)など、体のさまざまな機能に大きくかかわっています。」※6

「ロイシン、イソロイシン、バリン この3つのアミノ酸は、BCAA(分岐鎖アミノ酸)と呼ばれ、スポーツ時のサプリメントとしてよく使われています。 BCAAは、筋肉組織の原料となるので、筋力アップにつながります。
また、筋肉痛のもととなる乳酸の発生を抑える作用があるので、翌日に疲れを残さない作用もあります。」※3

「筋肉内で燃料として作用するアミノ酸を摂ることによって体力の向上が可能」※4

アミノ酸の摂取量の1日必要な摂取量の目安

「一般的な1日のアミノ酸摂取量は、成人男性60グラム、成人女性50グラム」※5

アミノ酸を多く含む食品

「豊富なたんぱく質と共にアミノ酸を多く含む牛肉・豚肉・鶏肉などの肉類は、現代の食生活において主役を務める食品といえます。
最近では脂肪燃焼効果を持つアミノ酸「L-カルニチン」を多量に含み低コレステロールである羊肉が注目を浴びています。」※7

「魚や貝などの魚介類は、肉に匹敵するたんぱく質・アミノ酸の含有量を誇ると同時に多くのミネラルやヘルシーで上質な脂質を含むという利点を備えています。」※7

牛乳やチーズなどの乳製品には、子供を育てる為のたんぱく質・アミノ酸が豊富に含まれています。」※7

「「畑の肉」と言われる大豆には豊富なたんぱく質・アミノ酸が含まれています。
豆腐や味噌・納豆などの大豆の加工食品も同様で、味噌や納豆は発酵作用によってアミノ酸やビタミンが増加しているという利点を持っています。」※7

アミノ酸の種類

「自然界には500種類ほどのアミノ酸が存在しています。
このうち、 私たちの生命を維持するために必要な栄養素であるたんぱく質を構成しているのは、わずか20種類です。」※8

「この20種類の内、たんぱく質の消化分解で合成できないものを「必須アミノ酸」、たんぱく質の消化分解で生成されるものを「非必須アミノ酸」と呼びます。」※9

「人間にとっての必須アミノ酸は「トリプトファン」「フェニルアラニン」「バリン」「トレオニン(スレオニン)」「リシン(リジン)」「ロイシン」「メチオニン」「イソロイシン」「ヒスチジン」の9種類となっています。」※9

「非必須アミノ酸に数えられるアミノ酸には「アラニン」「アルギニン」「アスパラギン」「アスパラギン酸」「グルタミン」「グルタミン酸」「セリン」「システイン(シスチン)」「チロシン」「グリシン」「プロリン」の111種類があります。」※9

アミノ酸スコアとは?

「食品中の必須アミノ酸の含有比率を評価するための数値である。
特定の食品に対し、窒素1gあたりに占める必須アミノ酸が基準値と比較してどれだけ含有されているかを評価するものである。」※10
[補足]
※1~※10は参照元の種類です。

スポンサーリンク

筋肉 // 脂肪燃焼の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ