ルテインの効果・効能

ルテイン配合のサプリメントの広告を目にする機会が増えています。
パソコンやスマホを長時間見ることによって目に疲れを感じることが多いからでしょうか?
そもそもルテインとは?
どのような効果・効能があるのでしょう?
ルテインについて調べてみました。

スポンサーリンク

ルテインとは?

「ルテインは、カロチノイドと呼ばれる植物の色素の一種」(※1)

「ルティンは、カロテノイドという天然色素の一種です。」(※2)

「ルテインとは、カロテノイドという野菜や果物、海草などの食品に含まれる色素の一種。」(※3)

「ルテインは抗酸化作用を持つ黄色の天然色素で、眼病予防と改善が期待できる成分です。」(※4)

「ルテインは抗酸化作用を持つカロテノイドの一種です。」(※5)

ルテインの効果・効能

「酸化によって引き起こされる眼の病気を防ぐ抗酸化作用と、遮光することによって紫外線などの有害な光から眼球を守ります。またDHAとともに摂取することで、眼の抗酸化と脳の記憶機能が改善される効果が期待できます。」(※1)

「ルティンには抗酸化作用と有害な光を遮る作用があり、それらが目に良い効果を与えるのです。」(※2)

「ルテインは強力な抗酸化剤として、眼をこの害から守っているのです。」(※3)

「ルテインの働きとして、まずは光そのものを遮る働きがあります。もう一つは抗酸化作用です。」(※5)

ルテインの1日必要な摂取量の目安

「一日の摂取量は6mg程度が目安で、これはほうれん草20gの含有量にあたります。」(※1)

「ルテインの一日の摂取目安量は、一般の人で6~10㎎、既に目に何らかの疾患がある人なら20㎎程度と言われています。」(※2)

「1日のルテイン摂取量は、6mgが望ましいとされています。」(※3)

ルテインを多く含む食品

「野菜の中では、ほうれん草の他にケールやブロッコリーなどに多く含まれています。果物の場合、グレープフルーツや梨などに含まれます。」(※1)

「かぼちゃや芽キャベツをはじめとして、ブロッコリーやほうれん草にも多く含まれています。野菜以外だと、果物や豆類、卵黄にも含まれています。」(※6)

「ルテインは緑黄色野菜に多く含まれ、特にケールやほうれん草に多く含まれています。」(※3)

ルテインの副作用は?

食事から摂取する分には過剰摂取の心配や副作用の心配はほとんどないといえます。

しかし、これは天然成分でのルテインに限ってのことです。

ルテインの中でも人工的に作られたものに関しては副作用の報告が挙がっています。

科学的に合成されたルテインは、喫煙と併せて摂ることで発がん性のリスクが指摘されています。
そのほかにも嘔吐、胸焼けなどの症状も報告されています。(※7)

[注]※1~は参照元の番号です。

スポンサーリンク

の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ