イソフラボンの効果・効能

イソフラボンは大豆に多く含まれるフラボノイドの一種で、その化学構造が女性ホルモン(エストロゲン)に似ているため、植物エストロゲンの一つといわれ、女性ホルモンのような作用があります。
その為、更年期障害の改善や骨粗しょう症の予防効果があると考えられ、イソフラボン配合サプリメントが開発されています。
イソフラボンの効果・効能等について調べてみました。

スポンサーリンク

イソフラボンとは?

「「大豆イソフラボン」とは、主に大豆の胚芽に多く含まれるフラボノイドの一種です。大豆イソフラボンは、大豆の「えぐみ」の原因物質として知られてきました。」(※1)

「イソフラボンは、大豆胚芽に特に多く含まれるフラボノイドの一種です。」(※2)

「イソフラボン (isoflavone) はフラボノイドの一種。」(※3)

「イソフラボンは、大豆、レッドクローバー、葛(くず)などマメ科植物に特に多く含まれているフラボノイドとよばれるポリフェノールの一種です。」(※4)

イソフラボンの効果・効能

「大豆イソフラボンは、その化学構造が女性ホルモン(エストロゲン)に似ているため、植物エストロゲンの一つといわれ、女性ホルモンのような作用があります。」(※1)

「大豆イソフラボンは、更年期障害の改善や骨粗しょう症の予防効果があるといわれている。」(※3)

「大豆イソフラボンは、植物エストロゲンとも呼ばれていて、フラボノイドの中でも珍しく女性ホルモン(エストロゲン)とよく似た働きがあり、女性の美容と健康に役立つ成分。」(※4)

イソフラボンの1日必要な摂取量の目安

「大豆イソフラボンの1日摂取目安量の上限値は70~75 mg」(※1)

「イソフラボンの摂取量は一日に40mg~50mgが理想です。」(※2)

「日常的な食生活に上乗せして摂取する場合は1日30mgを上限」(※3)

「大豆イソフラボン(アグリコンとして)の摂取目安量の上限値は、1日に75mg、そのうち、サプリメント等の健康食品からの上限は30mgに設定されています。」(※4)

イソフラボンを多く含む食品

「イソフラボンは、大豆や葛(くず)の根、ハーブの一種であるレッドクローバーなどに含まれています」(※5)

「大豆イソフラボンを多く含む食べ物は、豆乳、お豆腐、納豆など、大豆製品です。」(※6)

イソフラボンと乳がんのリスク

「大豆摂取に由来するイソフランボン摂取に伴って乳がんリスクのわずかな減少との関連が見いだされた。」(※3)

「女性ホルモン(エストロゲン)は過剰に分泌されると、乳がん細胞の中にあるエストロゲン受容体と結びつき、がん細胞の増殖を促す作用がありますが、大豆イソフラボンはこのレセプターに先回りして結合し、緩やかな作用でエストロゲンの働きを抑えるので乳がん発症リスクが下がると考えられており、疫学調査でも大豆イソフラボンを多く摂取している人ほど、乳がんの発症リスクが下がることが報告されています。」(※4)

イソフラボンの取り過ぎの害

「大豆食品からの摂取量がこの上限値超えることにより、直ちに健康被害に結びつくというものではない」(※1)

「自然に存在する成分であり薬ではないため、副作用の心配はないと言われています。」(※2)

「大豆は古来よりの食経験もあって摂取されており、過剰摂取による健康被害の報告もない」(※3)
[補足]
※1~※10は参照元の種類です。
[楽天]人気ランキング上位のイソフラボン配合サプリメントの比較

スポンサーリンク

更年期障害の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ