コエンザイムQ10 の効果・効能

コエンザイムQ10配合サプリメントを眼にする機会が増えています。
そもそも、コエンザイムQ10とは何でしょうか?
コエンザイムQ10の効果・効能は?
不妊に効果があるという話がありますが、本当でしょうか?
コエンザイムQ10の過剰摂取による副作用は?
コエンザイムQ10 の効果・効能等についてまとめてみました。

コエンザイムQ10とは?

コエンザイムQ10は全細胞に含まれていますが、中でもこのミトコンドリアの中に多く存在し、補酵素の役割を果たしています。

元気で活動的な毎日を送るために欠かせない物質がコエンザイムQ10なのです。(※1)

コエンザイムQ10の効果・効能

コエンザイムQ10には、活性酸素を除去し、細胞の酸化を防ぐ「抗酸化作用」の働きがあります。(※1)

コエンザイムQQ10還元型とは?

従来のサプリメントに使われているCoQ10は、ほとんどが“酸化型”と呼ばれるものでした。

しかし、私たちの体内にあるCoQ10の大半は“還元型”として存在します。

そのため、酸化型のCoQ10が本来の力を発揮するためには、一度体内で還元型に変換(還元)される必要があるのです。(※2)

体内で酸化型のCoQ10を還元型に変換する力は、年齢とともに低下していきます。(※2)

そこで、コエンザイムQ10還元型サプリが開発されました。

コエンザイムQ10は不妊に効果あり?

東大大学院医学系研究科産婦人科の研究チームは、第5回国際コエンザイムQ10学会の中で、「コエンザイムQ10を摂取することで卵巣機能が高まる可能性がある」と発表しました。

マウスによる動物実験で確認されたもので、コエンザイムQ10を1ヶ月間摂取させたマウスは、そうでないマウスよりも、静脈血液中及び卵巣組織の抗酸化レベルが高まり、卵巣重量が増えたことが確認されました。

コエンザイムQ10は、加齢による卵巣機能低下を遅らせる可能性があるとしたのです。(※1)

コエンザイムQ10の副作用は?

コエンザイムQ10はもともと体内で作られる物質で、心臓や肺・腎臓・皮膚・筋肉など体のあらゆる組織や臓器にある物質であるため、拒絶反応や体質に合わないということもなく、大量に摂取しても副作用はないと考えられています。(※3)

コエンザイムQ10自体は、飲みすぎなければとても安全なサプリメントですが、昨今のコエンザイムQ10ブームにより、数多くのコエンザイムQ10サプリメントが乱売されており、製品によっては、余計な添加物により副作用を引き起こしてしまう可能性がないとはいいきれません。(※3)

[注]※1~※3は参照元の番号です。

健康の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ