腸内フローラ 善玉菌の増やし方

昨今、腸内フローラがTVの健康番組等で再三取り上げられ注目されています。腸内環境と健康にはどういう関係があるのでしょうか?
腸内環境のバランスを保つには善玉菌(乳酸菌・ビフィズス菌)を増やす必要があります。善玉菌を増やすには?

スポンサーリンク

腸内フローラとは?

腸内環境を畑になぞられて腸内フローラと呼んでいます。
この畑には複数の「善玉菌」と「悪玉菌」が生息し、働いています。

善玉菌が多いと健康が保たれますが、悪玉菌が多くなると様々な不調をきたしていしまします。

例えば、最近、次のようなことが気になりませんか?
□太りやすくなった…
□美容面が気になる…
□毎朝スッキリしない…
□季節の変わり目に体調を崩しやすい…

当てはまるものがあれば腸内環境のバランスが崩れている可能性があります。

では、なぜ、腸内環境のバランスが崩れのでしょうか?

原因の1つは「加齢」です。
赤ちゃんのとき95%以上を占めていた善玉菌が加齢とともに大幅減少!

加齢以外も次のような原因が考えられます。

□運動不足(運動量の低下)
□ストレス(不規則な生活やストレス)
□食生活の乱れ(欧米化した食事や肉類が多い食事)

そこで、腸内環境のバランスを取り返す為には「善玉菌」を増やすことが必要になります。

「善玉菌」とは?

「善玉菌」の代表的なものは乳酸菌・ビフィズス菌などです。

ビフィズス菌のもっとも大きな特徴は、ヒトの腸内に最も多くすんでいる有用な菌であることです。

ヒトの腸内では1~10兆のビフィズス菌がすんでいますが、乳酸菌はその1/10000~1/100以下にすぎません。

そのため、ビフィズス菌はヒトの腸内に適した菌と言えるでしょう。

また、乳酸菌は糖を分解して、乳酸を多く作り出す菌ですが、ビフィズス菌は乳酸以外にも酢酸を作り出し、善玉菌として働きます。

「善玉菌」を増やすには?

「善玉菌」を増やすには、ビフィズス菌や乳酸菌を含む食材を摂取することです。
代表的なものにヨーグルトがあります。

ただ、ビフィズス菌や乳酸菌を多く摂ればそれで事足りるわけではありません。

何故なら、ビフィズス菌や乳酸菌には次の欠点があります。
①「熱」と「胃酸」に弱い
いくら大量に乳酸菌を摂取しても、熱や酸に弱い乳酸菌は腸に届く前に、体温や胃液などでほとんど死滅してしまうので、きちんとたどり着けるのはごく微量なのです。

②運よく腸まで届いても追い出されてしまう可能性も…
胃酸の海から逃れ、なんとか腸まで行き着いたとしても、摂取した乳酸菌がその人の体内環境に合わなければ、体の外へ追い出されてしまいます。

そこで、上記の問題を解決できる工夫をしたサプリメントが開発されています。

ビフィズス菌・乳酸菌サプリ

ビフィズス菌・乳酸菌サプリには次のような工夫がしてあり、ビフィズス菌・乳酸菌の持つ欠点を補うことができます。

1.ビフィズス菌・乳酸菌を胃酸で溶けないように特殊なコーティングをしたカプセルに包む
2.耐熱性の認められたビフィズス菌・乳酸菌を使う。

ビフィズス菌・乳酸菌サプリは複数のメーカーから販売されています。
メーカーごとに上記以外に工夫を凝らしています。
メーカーごとの特長については、「「乳酸菌」配合サプリメント比較」をご覧下さい。

スポンサーリンク

乳酸菌の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ